×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの金利比較ガイド その1



住宅ローンの金利比較ガイド その1


住宅ローンの金利比較ガイド その1は、住宅ローンを組んでマイホームを取得する際の金利に関して生じる疑問を解決する情報サイトです。Q&A形式でどなたにでもわかりやすく解説しています。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。
スポンサードリンク
住宅ローンの金利
住宅ローンの金利はいつの時点のもの?
利用者の多い金利タイプと期間は?
ゼロ金利政策解除の影響は?
変動金利と固定金利の選び方は?
変動金利選択の注意点は?
住宅ローンの金利の決定方法は?
上限金利設定型とは?
住宅ローン金利の先行きの予想方法は?
有利なのは固定金利?変動金利?
預金連動型ローンとは?
住宅ローンの基礎知識
公庫の団信への加入条件は?
繰上げ返済は有利?
新築マンション購入の際のポイントは?
中古住宅購入の際のポイントは?
マンションの内覧会とは?
返済期間は短いほど有利?
住宅ローン控除の選択肢は?
一戸建て購入の際のポイントは?
不動産の価値とは?
マイホームには消費税がかかるの?

総返済額を減らすには元金均等返済?
収入基準に届かない場合は?
工夫された銀行ローンとは?
提携ローンは借りやすい?
ろうきんの住宅ローン(中央労働金庫)の内容は?
各金融機関の住宅融資の内容は?
銀行で住宅ローンを組むには?
都市銀行の住宅ローンの主な内容は?
銀行融資で今後選択したい金利タイプは?
ろうきんの特徴と利用条件は?

マイホームの消費税は?
マイホーム取得時の不動産取得税は?
固定資産税の納め方
固定資産税に不服があるときは?
仲介手数料の金額は?
登記時の司法書士、土地家屋調査士の報酬は?
不動産取得税の軽減措置を受け方は?
固定資産税の軽減措置の受け方
都市計画税の納め方は?
契約時の保険料?
不動産用語の基礎知識
建築工事届とは?
建築着工統計調査とは?
限定価格・限定賃料とは?
顕名主義とは?
権利の濫用とは?
建築条件付分譲宅地とは?
建築物の耐震改修の促進に関する法律
減歩とは?
権利証とは?
公共負担とは?

支払配当損金算入とは?
借地権とは?
借地権課税とは?
借地権の存続期間は?
借地借家法とは?
借地権の更新とは?
借地権価額とは?
借地権の譲渡・借地の賃貸とは?
定期借地権等の借地契約の存続期間は?
集成材構造とは?

造作買取請求権とは?
相隣関係とは?
促進区域とは?
タームシートとは?
耐火構造とは?
造作買取請求権の法改正とは?
相隣関係の問題と規制
促進区域の都市計画が規定されると?
耐火建築物とは?
第三セクターとは?

倒産隔離とは?
投資信託協会の自主規制とは?
投資法人制度とは?
投資主総会とは?
投資法人債とは?
投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)とは?
投資信託制度とは?
投資信託の情報開示規制とは?
投資主総会の召集は?
道路幅員とは?

白華現象(はっかげんしょう)とは?
シーリング材のパテだれとは?
販売区画数(販売戸数)とは?
非提携ローンとは?
歩合給とは?
パテだれとは?
梁(はり)とは?
非訴事件とは?
ビル経営管理士とは?
ふくれとは?

保証金、敷金とは?
保証債務の権利関係は?
保証人とは?
建物賃借人の保証人の保証債務は?
保証保険の提携型・非提携型とは?
保証債務とは?
保証書とは?
保証人の保証債務の範囲は?
保証保険とは?
窓先空地とは?
住宅ローン便利サイトT
住宅ローン控除入門その1
住宅ローン控除入門その2
住宅ローン控除入門その3
住宅ローン控除情報館その1
住宅ローン控除情報館その2
住宅ローン控除情報館その3
住宅ローン控除情報ナビその1
住宅ローン控除情報ナビその2
フラット35早分かりガイド!
住宅ローン控除情報ナビその3
住宅ローン便利サイトU
住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
不動産の法律ガイド
新着トピックス
住宅ローン金利の先行きの判断は、どのように行ったらよいのでしょうか?
住宅ローンの金利というのは、短期金利については主として短期プライムレート、長期金利については10年もの国債の流通利回りを参考に決定されます。なので、住宅ローンの金利の先行きを判断する際には、物価動向や経済指標を...

ただし、経済指標というのは、あくまでもおおよその金利動向の判断基準にはなるものの、実際の経済は理論どおりには動きませんので...

住宅ローン金利の先行きを判断するための具体的なポイントはどのようなものですか?
住宅ローン金利の先行きを判断するための具体的なポイントとしては、以下のようなものがあります。

日本の景気動向
景気が回復し、企業の設備投資が活発になってくると、市場の資金需要が高まるので金利は上昇します。この景気の回復については、日銀が発表する日銀短観、GDP、鉱工業生産など...また、日本の景気先行感に期待が高まると、海外の投資家が日本株を買い始めるので、株価の動向にも...

物価見通し
一般的に、物価が上昇すると金利も上昇します。これは、物価の上昇時には物の価値が相対的に上がり、貨幣の価値が目減り...この物価の見通しを判断する材料としては、総務省が毎月発表している「消費者物価指数」...

金融政策
一般的な金融政策では、景気の拡大場面では、インフレを抑制するために金利の引き上げ(金融の引き締め)を行います。反対に、景気の下降場面では、市場の流通資金を潤沢にして景気回復を図ろうとするために金利の引き下げ(金融の緩和)...これらのことから、景気動向や物価見通しにより、今後の金利政策も...
免責
住宅ローンの金利比較ガイド その1で提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 住宅ローンの金利比較ガイド その1 All Rights Reserved